モニター 明るさ 向き

パソコンモニターの設定を変えて目にかかる負担を減らす

パソコンをしていると目が乾いてしまいます。

目の乾きは目の疲れを引起す大きな原因の1つになります。
パソコンをすると目が乾いてしまう原因は大きく2つあります。

 

 

1.まばたきの回数が減ることによる目の乾き

 

2.目の疲れによる目の乾き

 

パソコンをしているとまばたきの回数が減るために目が乾燥する

人が1つのものを集中して見ると、まばたきが減ります。

パソコンをしているときは、モニターを集中してみているので
まばたきの回数が減ります。1分間に20回程度行われる
まばたきが3、4回に減ってしまうことも。

 

 

まばたきが減れば、涙がどんどん蒸発し目が乾きます。
パソコンをしているときは意識してまばたきをしたり、目が
乾きにくいモニターの設定をしましょう。

 

 

モニターの位置や高さを変えて、見下ろすようにします。
見上げるような位置にあると、目が見開いた状態になり
涙がどんどん蒸発してしまいます。
逆に、見下ろすような位置にすると、目の開きが少なく
なり涙の蒸発が減ります。

 

これだけでも涙の蒸発が1/4程度になると言われています。

 

パソコンにより目に負担がかかり目が乾いてしまいます。

パソコンにより目に疲れが溜まってくると、目が乾きます。
目が乾いてしまうと、目の疲れがさらに増してしまいます。
そして、ますます目が乾くという悪循環に陥ります。

 

 

モニターの明るさや位置を変えて目にかかる負担を減らし
目が乾くのを防ぎましょう。

 

 

モニターが発している明るい光は目の負担に。
モニターの明るさを控えめにしましょう。
明るさの目安は、手元と同じくらいです。手元とモニターの
明るさの差が少ないほど目の負担は減ります。

 

 

モニターの位置が近いと目に負担がかかる。
モニターは目から40センチ以上は離した位置に配置してください。

 

 

モニターが見づらいと目に負担がかかる。
モニターに部屋の照明や太陽の光が映りこむと見づらくなり、
目に余計な力が入ってしまい、疲れやすくなります。
モニターの向きを変えたり、カーテンやブランインドを閉めて、
光の映り込みを減らしてください。

 

 

オフィスなどで、でどうしても対処できないときは、映り込み
を防ぐ保護フィルムなどを使いましょう。

 

 

ブルーベリーサプリで目にかかる負担を減らすことも期待できます