目の奥,パソコン,痛い

近くを見ていると目の奥が痛くなる|パソコンによる目の疲れが原因

最近のサラリーマンは、仕事ではパソコンを、仕事以外では
スマホやゲームなどすることが多いため、目が疲労しています。
厚生労働省が行った調査によると、多くのサラリーマンは
目の疲れ・目の痛みに悩まされているようです。

 

 

パソコンのディスプレイなど目の近くにあるものを長時間
見続けてしまうと、目が疲労し、目の奥がズキズキ痛む、
目が乾いてしまう、夕方になると文字がかすんでしまう
などの症状が起こります。

 

 

目の痛みを解消するには目のケアが欠かせません

 

 

目に軽い疲労を感じる”疲れ目の初期”であれば、
目を休めたり、十分な睡眠をとれば回復します。
しかし、目に疲れが溜まる生活をそのまま続け、
疲れ目を放っておくと、疲れ目は徐々に進行します。

 

 

ケアをしないと前日の目の疲れに、次の日の疲労が
積み重なり”疲れ目の中期”になります。
目がショボショボする、ドライアイ、目の充血、目の奥の
痛み、ピントが合わないなどの症状が出ます。

 



 

 

さらに、ケアをしないで疲れを放置すると”眼精疲労”
なってしまいます。眼精疲労になってしまうと、肩こり、頭痛、
吐き気、胃痛、不眠、イライラ、集中力低下、身体のだるさ、
軽いうつ状態など目以外にも症状が出てしまいます。

 

 

ここまで悪化してしまうと、睡眠を十分にとっただけでは治り
ません。当然、仕事にもならないですよね。なので、目の
疲れは放置せず、早めに解消することが大切です。

 

 

仕事に支障が出る前にしっかりケアを

 

 

目の奥の痛みは目の周りにある筋肉の疲労が原因

外から入ってきた光は、角膜を通り、水晶体で焦点を
合わせ、網膜で像が結ばれます。水晶体は、厚みを
変えて焦点を合わせています。この水晶体の厚みを
調節しているのが、毛様体筋という筋肉です。

 

 

パソコンのディスプレイなど目に近い物を見るときには
毛様体筋に力が入ります。そのため、長時間パソコンを
していると、毛様体筋は疲労し、痛みが発生します。
さらに、痛みが頭や肩にも伝わり、頭痛や肩こりの
原因になります。

 

 

そんな目の筋肉疲労を解消してくれるのがブルーベリー

です。ブルーベリーに多く含まれているアントシアニン
という成分には、目の周りの血行を良くし、疲労を解消
したり、目の機能低下を防ぐ働きがあります。

 

 

毎日ブルーベリーを食べると効果的なのですが、なかなか
毎日食べるのは難しいと思います。そんな時便利なのが
サプリメントです。中でもお勧めなのが、価格も安く、品質も
しっかりしている小林製薬の商品がお勧めです。

 

 

 


リンク集|123

目の疲れを解消するブルーベリーサプリメント比較サイト

 

30代のサラリーマンで目の奥の痛みに苦しんでいる人は多いです。原因は長時間のパソコン作業による目の疲れです。目の疲れの原因は、目の周りにある筋肉の血行が悪くなり、こり固まっていることにあります。小林製薬のブルーベリーサプリは血行を良くする効果が期待できます。